The living legend Mr.Yasuo Kubo

日本レース界&チューニング界の生きる伝説
久保靖夫「車の神髄を求めて」

二輪四輪を問わず、数々の名レーサーを輩出した城北ライダースの創生期のメンバーとして活躍し、のちに東名自動車の立ちあげに参加。L型エンジンのチューニングで一世を風靡した。さらに富士スピードウェイで開催された日本で最初のF1グランプリでもコジマ・エンジニアリングのメカニックをつとめる。その後は日本で最初とも言えるストリートチューニングのショップを起こし、谷田部での最高速とライアルをスタートさせた……。久保靖夫の軌跡は、日本のレース界、チューニング界の歴史そのものと言っても過言ではない。今もなお『スピードショップ クボ』で現役のチューナー/メカニックとして匠の技を披露する久保氏に、クルマとともに歩んできた人生を振り返ってもらった。

取材・文=川原田剛 写真=村上庄吾

久保靖夫が選ぶベストカー

「国産はやっぱりZ。外車ではゴルフ1が思い出深いね」

Q:久保さんと言えば、Zというイメージが強いですが、これまでどんなクルマの面倒を見て来たのですか? 「もともと城北ライダースの時代はオートバイをやっていました。その後、東名自動車(現・東名パワード)を興して、主にフェアレ… (全文を読む