マシン紹介


久保靖夫が手掛けた名車たち

1950年代半ば、日本のバイクレースの黎明期に圧倒的な強さを発揮した城北ライダースを立ち上げてから、久保靖夫はこれまで50年以上にわたって、2輪・4輪を問わず、数々のレーシングカーに携わってきた。そのいずれもが日本のモータースポーツの歴史を語る上で、欠かせないものばかりだ。ここであらためて、久保靖夫がかかわったレーシングカーを紹介する。


1963年
SUZUKI
スーパースポーツM40(50cc)
城北ライダーススペシャル
1970年
Nissan
セドリック
ドライバー鈴木誠一
全日本ストックカーレース 第2戦 呉200km
1970年
Nissan
フェアレディZ432
ドライバー桑島正美
全日本ドライバー選手権第4戦(筑波サーキット)
1971年
Nissan
サニー1200クーベ
ドライバー鈴木誠一
トランスニッポンクーペシリーズ第3戦(間瀬サーキット)
1971年
Nissan
ダットサンスポーツ240Z
ドライバー鯉沼三郎
全日本富士1000kmレース
1972年
Nissan
フェアレディ240ZG
ドライバー鈴木誠一
富士GC第5戦富士ビクトリー200km
1972年
Nissan
サニーエクセレントLZ14
当社車
同車は73年の日本GPで優勝している
1973年
Nissan
サニークーペ
ドライバー/田沼昭雄
富士300kmレース
1974年
March733・ニッサン(FJ1300)
ドライバー長谷見昌弘
1976年
KE007(F1マシン)
ドライバー長谷見昌弘
F1世界選手権第15戦日本グランプリ


スピードショップKUBOが手掛けたマシンたち

1975年、スピードショップKUBOは東京世田谷区にオープンした。当時、東京はおろか、日本国内でもチューンニングカーショップやレストアショップはなかったという。スピードショップKUBOが手掛けるのは、代名詞と言えるフェアレディZだけではない。時代を彩った国内外の数多くの名車を修理メンテナンスしてきた。幅広い世代のクルマ好きに愛されるスピードショップKUBOが手掛けた市販車を紹介する。




車の真髄を求めて 城北ライダース