ごあいさつ


日本のモータースポーツとチューニングカーの歴史を彩る
Speed Shop KUBO



『スピードショップクボ』は、1975年(昭和50年)4月に東京都世田谷にオープンしました。その当時、ストリートを中心としたチューニングショップは、東京都内はもちろん、日本国内にもほとんど存在しませんでした。当店は、ストリートチューンをメインとしたショップとしては日本で最初と言ってもいい存在だと思います。

当社のチューニングノウハウは、豊富なレースで積み重ねられたものです。その技術と経験を生かし、オーナー様の好みや要求に合った車両作りをすることが、私たちの哲学です。中でも日産のL型エンジンには早くから取り組み、日本で最初に3.0リッター&3.2リッターを誕生させています。

1978年(昭和53年)4月にはフェアレディZ(S30Z)により、谷田部を舞台に当時のチューニングカー最速の240.8km/hを記録しました。それ以降も、数々のチューニングカーを生み出しました。

その後、現在の東京都足立区に場所を移転し、S30Z、スカイライン、ブルーバード、サニーなどのレストアおよびメンテナンスを数多く行うと同時に、純正・オリジナルパーツの販売も行っています。また国産&外車のメーカーを問わず、さまざまなクルマのチューニング、整備、公認車検などの実績もあります。

また私どもは、4輪だけでなく、2輪車の修理やメンテナンスなども行っています。日本を代表する数々の名ライダーを輩出した、城北ライダースの創業メンバーとして数々のレースを戦うことで、2輪のメンテナンス技術やノウハウを培ってきました。特に最近では少なくなってきましたキャブレター車(ウェーバー、ソレックス)等のセッティングも相談承ります。

スピードショップクボは、クルマを愛するお客様のどんな要望に真摯に対応させていただきます。私どもに気軽にご相談、お問い合わせください。



スピードショップクボ
久保靖夫
久保亨
車の真髄を求めて 城北ライダース