ヒーター関係!!

| コメント(0)

最近、他の作業で預かると、ヒーターホースなどが危ない事が多い気がします。

先日にデフの作業でお預かりした240ZL。

作業が終了して、収める時になると、室内のミッションのトンネル横部分にクーラーントらしき液体が・・・

ヒーターコックが駄目かと思ったら、コックとコアをつなぐへの字型のホースが原因でした。

このパーツはまだ新品が出るのでよかっです。
1458698709940.jpg

新品と外した物です。
1458698698115.jpg

これを交換したら、やはりコックも気になります。

コックも交換になりました、古いものと新品です、古いものは粉が吹いています・・・
1458698663765.jpg
1458698672311.jpg
1458698688834.jpg

そうなると、他のホース類も駄目な所がしばしば、この際全部交換ですね。

これは、コックからエンジン部分に付くホースです、かなりの使用感が。
1458698636908.jpg

やはりこちらも、取り付け部分がヒビヒビです。
1458698646271.jpg
交換後です。
1458698731062.jpg

エンジンのプラグ下部分のストレートホースも交換ですね、こちらも取り付け部分もヒビヒビです、交換前です。
1458698775044.jpg
1458698801927.jpg

新品と外した物です、新品は長めなので、カットしての使用です。
1458698786673.jpg

この後ろ部分に、SUキャブにつながるホース部分が目クラになっていますが、こちらもあやしいので、別の目クラ栓に交換です。

こちらは交換前です。
1458698757493.jpg
1458698747865.jpg

交換後です。
1458698766217.jpg

今回の様に、古くなってしまったホース類は気にして見ましょう。

なるべく早めの交換をお勧めします!!

コメントする